FC2ブログ
2014
11.14

H26.11.08四国西予ジオパーク 四国カルストエリアに行ってみる

南予活性化支援チームは、昨年度日本ジオパークに認定された四国西予ジオパークの魅力を勉強し県内へ世界へ広めたいと活動しているところですが、
とりあえずジオポイントの主力級と思われる大野ヶ原(四国カルスト西部、愛媛サイド)へ行ってみました。


大野ヶ原、
源氏ヶ駄場にて

大野ヶ原、有名所だけど気軽に行けるのか?運転者の感想ですが、一部区間を除けば道幅もそれなりにあり、また対向車もほとんどなかったため、そこまで厳しくはないでしょうとのことです。季節的に紅葉がとてもきれいでした。
 また今回は無理に県道36から行きましたが、単純に大野ヶ原に行くならば松山か高知から国道440経由で行くとさらに道が安心かと思われます。
 今回のルート:八幡浜9:30発→野村町中心部→県道36号線→土居家にて昼食→昼過ぎに大野ヶ原入り→県道383で天狗高原方向→地芳峠にて国道440をあえて道のよい松山側へ→久万高原町―檮原(ゆすはら)町の440に出たところで梼原経由で国道197号線。八幡浜着は夕方ごろでした。
t141108a1s.png
道中で停まり、資料が配布され、ジオポイントを解説・勉強しながらの訪問です。
まず黒瀬川構造帯が見られる大和田橋付近
t141108b1.jpg
V字の急で深い谷と、小振集落の大楠の木
ワイヤが架かっており昔は郵便物を渡したといいます。
t141108b2.jpg
萱葺き屋根の土居家。想像以上にスケール感でかいですね。好評でした。
こんな山の上になぜこんな大庄屋がという不思議。
t141108b3.jpg
屋根はふきかえ中。囲炉裏をたいていぶしていました。いいかおり。
t141108b4.jpg
県道36号。四国カルストが近づいている、というのは道路沿いに石灰岩が見えてくることでわかります。
ジオパークポイント10ポインツ!ってとこかな。
t141108b5.jpg
大野ヶ原で有名なポニー牧場。ジオパークは自然そのものではなく人の営みや文化なども加味された総合的な公園です。観光客が楽しむ奥では、牧草地に養分を撒いている農作業風景、さらに奥の自然という象徴的な写真。
t141108b6.jpg
一夜が森。不思議な森。
t141108b7.jpg
道中紅葉がきれいです。まだ11月だし間に合うのではないかなあと思います。しかし寒かったので油断できません。服装もご準備ください。
t141108c1.jpg
下は急な谷で道沿いに民家はなくて、わき道を上に登ると急に畑が開け田んぼさえあるという。印象的な地域でした。
t141108c2.jpg
たしかに道が細いところもあるにはあります。
t141108c3.jpg
例の河成の学校付近で6月から土砂崩れ通行止めです。が迂回路の案内もありプラス10分程度なので今回のルートも悪くなかったと思います。
t141108c4.jpg
大野ヶ原のペンションもみの木ご主人に今現在お勧めの道を教わりました。地図上は一見遠回りでも道がよいので早いそうです。
t141108d.jpg
地芳トンネル手前に下りて来たところ。圧倒的によい道ですね。紅葉もきれいで。
t141108c5.jpg
各ジオポイント詳細は後日追加される見込みです。美味しい食べものレポも。

たかやま
Comment:0  Trackback:0
2014
11.07

ジオパークって?~ジオパーク勉強会in八幡浜支局~

こんにちは☆★

突然ですが、
昨年、西予市全域四国西予ジオパークに認定されました!

というわけで、最近よく耳にするジオパーク

すごいことなのはなんとなく分かるけども、ジオパークって
どんなものかお分かりでしょうか。
ちゃんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。。

というわけで!
10月某日、
西予市ジオパーク推進室 山下主事
講師としてお招きし、八幡浜支局職員を対象に
ジオパークについての講演会を開きました!!

山下主事様
お忙しい中本当にありがとうございました!

講演開始前の様子
多くの職員が集まってくださいました。ジオパークへの関心の高さが分かりますね♪
IMG_4444.jpg

講演中の様子
IMG_4448.jpg

皆さん熱心に話を聞いています。
IMG_4451.jpg

ではでは、ジオパークについて
講演会の中身をちょこっと紹介!

そもそもジオパークとは・・・
ジオパーク?

大地が重要なキーワードのようです。
その大地から育まれた、豊かな自然や、さらには人の営み(文化・食)
ジオパークには含まれるのだそう。
これら全てをひっくるめてジオパークということですね。

中でも西予ジオパークの特徴は?
ジオパーク 特徴

他のジオパークに比べ多様性に富んでいるのだそう(^^)

確かに、四国カルストのような山地もあれば、海岸沿いは、また違った海景色ですものね!
はたまた宇和町には古風な街並みが広がり、まさに人の営みを感じられます。
ジオパークは奥が深いです。

西予ジオパークの見所は、たくさんあるようですが、
講師の山下さん一押しスポットを聞いてみました。
おススメナンバー1は、
黒瀬川構造体

☆須崎の黒瀬川構造体☆ です!

写真を見てもお分かりかと思いますが、
この黒瀬川構造体、通常横縞のはずの線が、
に入っています!
これは全国的にもかなり珍しいとのこと!

そんな貴重なものが少し足を延ばせば見られるなんて!
ぜひとも見に行かねばですね!

他にも西予ジオパークの魅力については、公式HPにも載っていますので
よかったらチェックしてみてください。
http://seiyo-geo.jp/

ジオパークがどんなものなのか少しでもお分かり頂けたでしょうか?
みなさんも、お時間のある時に四国西予ジオパークへ足を運んでみてください♪

ちょこほこ(*^_^*)

Comment:0  Trackback:0
2014
09.18

サイクリングin四国西予ジオパークに参加してきました。③~イベントで走るススメ


愛媛県マルゴト自転車道な、自転車パラダイス愛媛県。その南・西部にある四国西予ジオパークにて開催されたサイクリングin四国西予ジオパーク。
 わざわざイベントに来て走る魅力とは。

まず会場への道すがら、同じ目的で来てるんじゃないか?という人々に会うので気分が盛り上がります。

ずらっと並ぶマシンは壮観ですね。モノの個性がわかり始めると更に楽しいのだろうなと想像します。
右の自転車はレンタサイクルですね。普段は今治市のしまなみ海道を走っている自転車が西予市まで輸送されたようです。



 大会を盛り上げるゲストライダー。



 愛媛県警の白バイ隊が参加。
 自転車に理解のある自治体愛媛県だけのことあって本気ですね。


 有力自転車チームが一緒に走りサポート。
 心強いです。

地元の方々によるエイドステーション。なんて美味しいエイドなんだ!イベントならではですね。

走っている地元に歓迎されている感じがします。走り過ぎ去ってしまうだけでなく、地元の方々が使うお店とか、立ち寄っていきたくなりますね。



 ゴールにはちゃんと待っていてくれる人がいます。
 走ってすぐコースの感想を言い合えるのもよいですね。
 「城川町のウインナーが美味しかった」「ゆずの香りがさわやかに俺を吹き抜けた」「冷えたトマトが甘くって」
 とか。



 ゴール地点で更にエイド。地元の方々すごく力入っています!超エイドされます。



 ウインナー押しですね。香りとうまみがよいですね。みやげ物に喜ばれそう。



 抽選会もありました。地元特産品が当るという。
 ピーマンが当りました。うーん先の買い物とかぶってしまったがこれも正解だと思います。



 大会が終わり解散。充実の笑顔の人々が去っていく会場もイベントならではです。

 ひとりで自宅発着というトレーニングもよいのですが、時には遠方へ自転車を運んでみたくなりますね。

辺りは収穫の季節が近いようです。秋のこの場所はどんな景色になるのか、見に来たいですね。

 たかやま
Comment:0  Trackback:0
2014
09.16

サイクリングin四国西予ジオパークに参加してきました。②

 サイクリストの聖地、愛媛県。
 日本ジオパークの認定を受けた西予市の自然の中で開催された、
 サイクリングin四国西予ジオパークのコースの風景です。

野村ダム。今年はよく雨が降り水量豊富ですね。

四国の内陸部は急な山地と思われがちですが、山間にもきれいな田んぼが作られています。


黄色い色が見えています。
 もうじき収穫ですね。秋が来て、また景色が変化しそうです。


少ない土地を精一杯利用する四国ならではの風景。


道がいいですね。自転車が気持ちよく進みます。


川-田んぼ-道-家-山というよく見かける並びです。
安定です。


古い街道なのでしょうか。狭い道を民家、お店が両側から挟むような道です。
時々集落があらわれて、景色が変わり飽きません。


セメント屋さん。どこの風景にも合いますね。
 空もきれいです。

たかやま


Comment:0  Trackback:0
2014
09.09

サイクリングin四国西予ジオパークに参加してきました。①

サイクリストの聖地といえば愛媛県ですが、しまなみ海道と並びプッシュされる南予エリア、その中でサイクリングin四国西予ジオパークが9/7に開催されました。
・風景が大きい。
・道がよいですね。
・舗装がきれいで路面のでこぼこは少ない。
・道幅が広くて車が来てもゆとりがあります。
・というか車が東・中予、愛媛県の瀬戸内側より圧倒的に少ないです。めったに来ません。
・一体何のためにこんなよい道を作ったのか?
・地元のおもてなしの雰囲気があたたかい、+行政も本気。
・山だけれども道は登りも下りも緩やか。
・ママチャリと違ってスポーツタイプ自転車は軽い。よく進むのでおもしろいです。

 つづく   たかやま
Comment:0  Trackback:0
back-to-top