fc2ブログ
2012
02.28

龍潭寺散策その2

龍潭寺のご紹介はまだまだ続きます(龍潭寺散策1の記事はコチラ→)。
鐘の近くには桜の木と藤棚が見えます  
桜(龍潭寺)  藤棚(龍潭寺)
(左)桜は樹齢80年ほどになるそう
(右)藤の花というと紫色をイメージしますが、龍潭寺の藤はめずらしい白色の花が咲くそうです

桜に藤、春の到来が待ち遠しくなりますね。雪景色の月見楼なんていうのも風情があります。

境内の自然を見たところで次にご紹介するのは御霊屋(おたまや)。
御霊屋(龍潭寺) 海印塔(龍潭寺)

歴代の和尚さんのお墓がここに納められています。中には海印塔(かいいんとう)と呼ばれるものが建てられており、海印塔御霊屋とも呼ばれるそうです。
海印とは静けさを表す言葉だそうです。

続いて御霊屋の奥に進むと見えてきたのが、水かけ石
水かけ石(龍潭寺)

豊後の国で火事が起こった際に龍潭寺の伝翁和尚が小僧に石に水をかけるようにに言ったところ、火事が鎮火し、後日、豊後の国の和尚さんが龍潭寺にお礼にやってきたそう。日本昔話の題材にもなっているそうです。


龍潭寺には、その時に豊後の国の和尚さんからもらったとされる道具が二つ残っているそう。


出入り口である大門に戻って散策終了~とはなりません

地下道2(龍潭寺) 地下道入口(龍潭寺)
コチラも是非歩いてください。

龍潭寺の大門へと続く階段の右横にある地下道。

地下道を進むと、途中、空が見えます。
さらに歩みを進めると~あら不思議龍潭寺の本堂がある庭へとつながっています。
地下道4(龍潭寺) 地下道3(龍潭寺)

日常生活ではあまりなじみのない、地下道、歩くだけでワクワクと心が躍ります

2回に分けてお伝えした龍潭寺散策。表現がいいかどうかわかりませんが、非常に楽しかったというのが実感です。
また、今回の散策ではお寺の和尚さんに時間をかけて解説いただいことで、とても有意義なお寺散策となりました。
龍潭寺散策  龍潭寺散策2

皆さんも是非お出かけになってみてください

♪=============♪
龍潭寺
〒796-0201
八幡浜市保内町川之石5-59
駐車場:あり
♪=============♪
みみずでした
Comment:2  Trackback:0
back-to-top