FC2ブログ
2012
07.19

白石大神宮落成式 八幡浜市川上町白石

愛媛県八幡浜市川上町白石地区で、平成2478()大神宮落成式があった。

この地域は川上みかんの産地として有名なところで、向灘地区の日の丸みかん、真穴地区の真穴みかんと八幡浜市のみかん三大ブランドみかんの産地のひとつである。また、湾内では魚の養殖が盛んでみかんと魚の町である。

今回、本宮が安政5(1858)の再建後150年以上経過して老朽化したため、本殿・中殿の修復と拝殿の新築、境内の整備等を行った。

 

 白石地区、右端に神社。     新築。

白石01   白石02

 人家の多い海側から登る。    神社幕も新しい。

          白石03           白石04

  この幕は八幡浜市内の地細工紺屋若松が作った「筒描染」。

白石05  白石06
白石07  白石08 
白石09

 神事
白石10      白石11
白石12 
  八幡浜工業高校美術部員が描いた龍とウサギの絵馬。干支の卯と辰を奉納。

白石13   白石14

                         龍の口から水。

 白石15  白石16

               記念碑。            地元出身者は寄付も大変。
         白石17             白石18

  海とみかん山。

白石19              白石20
   神楽の準備。           神社幕のアップ。

白石22   白石21  

 
  このあと、川名津神楽保存会の神楽の舞があり、紅白のおもちやお菓子がまかれました。
 人と人が助け合っていくという当たり前のことがこうやって代々引き継がれていくのですね。

 

 by 「ひとりしずか」 でした。


続きを読む
スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
back-to-top