--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.31

権現山(364m):八幡浜市向灘

Category: 観光・施設

八幡浜市にある道の駅、みなとオアシス「みなっと」の正面にそびえ立つ山が「権現山(364m)」で、この斜面で作られるみかんは、日本一のみかんと言われる「日の丸みかん」です。
道の駅「みなっと」から望む。頂上付近まで農道が通る。
権現山01権現山02
 この山は、八幡浜市と旧保内町(平成17328日八幡浜市と合併)との境界で両方から登ることができるが、今回八幡浜側の農道を車で上がった。 

 頂上付近にはテレビ電波塔や野村ダムの水をみかん園地に送るために貯水する南予用水事業のファームポンドがあるため頂上直下まで車で上がることができる。
農道から振り返る。    頂上近く。
権現山03権現山04
南予用水事業ファームポンド

 権現山05権現山06
あいテレビ、愛媛朝日テレビ。NHK、南海放送、テレビ愛媛。
     権現山07     権現山08
 

車を置いて道を上がるとすぐに石鎚神社に着く。神社や鳥居が見える。
権現山09権現山10
石鎚神社。     
権現山11権現山12
鳥居の下に急な道がある。 くさりもある。

権現山13権現山14
ステンレスの手すりの道もある。反対側から撮る。
権現山15権現山16
神社の3方を石積みで囲まれ強風から守られている。
権現山17権現山18
 

グランフジ北浜店工事中。 道の駅「みなっと」
権現山19権現山20
諏訪崎、大島方向。   八幡浜市街地。
権現山21権現山22
 昔、みかんを作る前の段々畑では、サツマイモ、麦、アワ、キビやなどのほか桑の木を植えて養蚕を行っていたようである。明治27年(1894年)に大家百治郎がみかんを導入。当初は不安視する者が多かったが、歳月が経過するにつれて有利な柑橘栽培にわれもわれもと切り換え始めた。

 戦時中は、ミカンよりもイモや麦を植えて食糧増産に努めるよう奨励されたが、戦後になると、ミカンが換金作物として有望になりそれから昭和30年代にミカン園が広がっていった。

 日の丸みかんがおいしいのは、三つの『太陽』のおかげという。一つ目は太陽光、二つ目は石垣の乱反射、三つ目は海からの反射、この三つの太陽がおいしいみかんになるという。また、それも大事であるが、それよりも農家が手間をかけて大切に育てていることが日本一のみかんといわれる原動力だと思う。

 現在、みかんはピンポン玉大くらいの大きさで、秋に最適な大きさの実になるよう農家は摘果作業に追われています。また、最近の日照り続きでスプリンクラーのない園地は水やりに大変苦労しています。農家の皆さんは秋においしい日の丸みかんが出来るよう毎日畑の手入れに頑張っています。秋を楽しみにお待ちください。

 

by 「ひとりしずか」 でした。

 


 


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。