--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.25

大崎鼻公園(大崎鼻灯台) : 西予市明浜町

Category: 観光・施設

西予市明浜町と三瓶町の境に「大崎鼻灯台」があり、灯台付近が「大崎鼻公園」として整備されています。
 地名の「大崎鼻」の「鼻」は海に長く突き出した地形のことを言い、海岸部では「○○鼻」の地名が多い。

この大崎鼻は、明浜町田之浜にあって三瓶湾と法華津湾の境に位置し、一帯が昭和40(1965)に「佐田岬半島宇和海県立自然公園」に指定されています。
 この自然公園は、日本随一の細長い半島である佐田岬半島と宇和海北部一帯の島しょ部・沿岸部の八幡浜市、伊方町、西予市の東西50km、南北約25kmの地域にわたり、佐田岬半島の海蝕景観と展望良好地点、並びに宇和海北部の典型的なリアス式地形を示す海岸と多島、海崖などの海洋景観を誇り、愛媛県の県立自然公園では唯一、海域を含む自然公園です。


 国道378号を車で三瓶から明浜に向かって約15㎞、30分弱走ると右側に「大崎鼻」の看板が見えます。灯台はここから800m、看板右横の道を下ります。

大崎鼻01 大崎鼻02 
500m走ったところの三叉路を左に進み300mで到着。

大崎鼻03 大崎鼻04  

真っ直ぐ進むと駐車場に着く。この辺は一方通行。  駐車場横。

大崎鼻05 大崎鼻06  

灯台横を通って行く大崎鼻展望所。    日振島などがよく見える。

大崎鼻07 大崎鼻08  

振り返ると灯台がよく見える。         大崎鼻灯台。
 この辺の標高は98mほど。灯台の高さは9m。水面から灯火まで107m。光達距離23㎞。昭和25年初点灯。最初は有人灯台で昭和36年に無人灯台に。航行の障害となる沖合800mにある「三叟碆(さんそうばや)」の3つの岩礁を照らす照射灯を昭和41年に設置。
大崎鼻09     大崎鼻10

灯台の説明。             塔和子(とうかずこ)記念碑。
 塔和子は、明浜町田之浜出身でハンセン病にかかり国立療養所大島青松園に入園。多くの詩集を出版した。シーサイドサンパークにも記念碑がある。

大崎鼻11 大崎鼻12

大崎狼煙場(のろしば)跡。江戸時代後期宇和島のお殿様の参勤交代時の連絡手段。
 お殿様は、宇和島に帰るときは三崎を回らずに旧瀬戸町三机から塩成に山越えし、宇和海を船で移動した。それで、殿様の出航を知らせる狼煙場が5カ所あり、最初が三机山頂、次に穴井の大島、三番目がここ大崎鼻、そして吉田の大良鼻、最後が宇和島の九島と狼煙で合図を送った。大崎鼻で狼煙が上がると高山から早船で宇和島城下まで到着時間を知らせた。
大崎鼻13 大崎鼻14
休憩所がある。
大崎鼻15 大崎鼻16

公園は草花が植えられ整備されている。 展望台が見えた。

大崎鼻17  

新しく出来た。

大崎鼻18 大崎鼻19
宇和海がぐるりと見渡せる。 明浜方向。   公園灯台方向。
大崎鼻21 大崎鼻20 
佐田岬半島方向。 
大崎鼻22 
 この海岸沿いを走る道路は、八幡浜市の道の駅・みなとオアシス「みなっと」から三瓶町、明浜町の海岸を通って明浜町俵津から宇和町に上がって三瓶町まで行く「愛媛マルゴト自転車道」26コースのうちの「宇和海きらきらオレンジツーリング」コースになっています。海を見ながら自転車で走るのも最高ですね。ぜひおいでください。

 

 By 「ひとりしずか」 でした。



トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/1036-d03b115d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。