--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.01

マンモスまもなく登場 : 西予市宇和町

西予市宇和町の石城駅付近の県道八幡浜宇和線を走っていると不思議なものを見つけた。
 よく見ると毎年恒例のわらで作る「マンモス」の骨格のようだ。車を近くに停めて見に行った。
県道から見たところ。手前はJR線路。
マンモス01 マンモス02
近づく。
マンモス03 マンモス04
れんげ祭り実行委員の井上さんがマンモスの骨格を造っていた。
マンモス05 マンモス06
今年のマンモスはより実物に近づけるためネットなどで調べて細かな設計図を描いたとのこと。
マンモス07 マンモス08
足は田にアンカーをねじこんでチェーンで固定。    後ろ方向
マンモス09    マンモス10
特に背中の形にこだわっている。        昨年より大きい。
マンモス11 マンモス12
なかなか設計図どおりにはいかず、その都度工夫しているとのこと。
マンモス13 マンモス14
遠くからでも見える。
マンモス15 マンモス16
線路のすぐそばだからJR列車からよく見える。
マンモス17

 井上さんによると、作業は2月10日頃から初めて2月末には骨格を完成させたいと考えており、その後、しめ飾りなどを作っている「おイネクラフト」の方々が、わらを小さく束ねて布状にしたものを1週間くらいかけて胴体に張り付けて行き、3月の中旬頃にはマンモスが完成する予定とのことでした。
 昨年は鼻が前を向いていたが今回は内側を向くとのこと。そういえば毎年形が違っていましたね。
 例年4月29日の「れんげ祭り」には大勢の子供たちがマンモスと記念写真を撮るなど人気がありますが、作るのは大変な作業だということがわかりました。 
 当分制作作業が続きますので、近くを通られる時はぜひ見て進捗状況を楽しみにしてください。

 by 「ひとりしずか」でした。


トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/1039-add96ebf
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。