--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.20

肱川源流探検:西予市宇和町久保

Category: 自然
大洲市長浜町で瀬戸内海に流れ込む 一級河川肱川 の源は、河口から直線距離わずか18㎞ほどの西予市宇和町久保の大洲市との堺の山の尾根付近である。
 川は、西予市の宇和町、野村町、大洲市の肱川町と地図上では山の中に向かって進み瀬戸内海まで103㎞を流れている。この間474本の支流が合流して愛媛県で一番大きな川となっている。流れに沿って川の上流を探ってみた。

国道56号から左折し川沿いに進む。     砂防ダムがある。
 肱川源流01 肱川源流02
  平成6年度完成。高さ12m。      堰堤横を通って三叉路を真っ直ぐ行く。
肱川源流03 肱川源流04
少し進むと空き地があり車が停められる。   記念碑が見える。
肱川源流05 肱川源流06 肱川源流07 肱川源流08
川沿いに少し上がると鉄パイプで作った橋が架かっている。見に行くと縄梯子がある。
肱川源流09 肱川源流10
       岩の中から水が出ている。温度計が置いてあって13.5度。
肱川源流11  肱川源流12  肱川源流13
元の川を上がると二つに分かれている。左側を選んで上がった。
肱川源流14 肱川源流15
水路は狭くなる。こんな山奥にも石垣がある。昔は田んぼだった。
   肱川源流16    肱川源流17
大きな岩の塊。
肱川源流18    肱川源流19
   だんだん水路が狭くなる。    人がいた。地元の西村さん。
   肱川源流20    肱川源流21
池があり、話を聞くと昔は田であったが林道工事で出た土を入れて谷を埋めたとのこと。
肱川源流22 肱川源流23
ここの川の元はこの地中から湧き出ているが、源流はほかにあると案内してもらった。
   肱川源流24    肱川源流25
林道に上がって東に少し歩くと少し広くなったカーブに着く。
肱川源流26 肱川源流27
反対側から見たところ。              林道の山側から水が流れている。
肱川源流30    肱川源流28
 けっこうな量だ。しっかり水が流れている。川の少し西側にある道を登る。
    肱川源流29     肱川源流31
川は二つに分かれている。
肱川源流45   肱川源流44
   左側の流れを上る。       木の根の下から水が湧き出している。
   肱川源流32    肱川源流33
尾根のすぐ下でここが一番標高が高い。ここが多分肱川源流か?。 源流って誰が決めるの?
    肱川源流35   肱川源流34    
尾根の向こうは八幡浜市古藪とのこと。先ほどの水路の分岐の右側の流れに向かう。
肱川源流36 肱川源流37
右側の水路は先ほどより標高は低いが水量は多い。地中から湧き出している。
肱川源流38    肱川源流39
水量はこちらが多いが標高は左側より低い。 地図では標高603.8mの山がある付近。
肱川源流40 肱川源流41
突然地中から水が出ている。
肱川源流42 肱川源流43
林道から西村さんに案内してもらって川沿いに一緒に歩いて降りる。  
 肱川源流46 肱川源流47
ここは「遠国(おんごく)」という字名で水があるので田だったとのこと。昔の人は石を積んですごい。
肱川源流48 肱川源流49
私が間違った二股を確認。右が源流というにふさわしい。
肱川源流50    肱川源流51
橋の向こうの湧水は渇水時でも枯れず年中13.5度。西村さんが温度計を置いたとのこと。
肱川源流52    肱川源流53
山は間伐や枝打ちなど手入れされいる。西村さんに偶然出会い親切に案内していただいた。
肱川源流54 肱川源流55
つくしがあったので採った。終わりかけ。
肱川源流56   肱川源流57
西村さんにももらった。袴の間が長いので少しは約。帰ってはかま取り。これが大変。
肱川源流58 肱川源流59
貴重な家族のおかずとなった。野山の恵みに感謝。
肱川源流60

 西村さんの話によると「水は山の手入れが大事である。海の魚も川の水が山の栄養やプランクトンを海に運んでいるので魚の成長にも山は大事である。また、山の木が水を蓄えて水を流してくれる。最近は荒れた山が多くなったが、水の大切さを知って山に感謝し山を大切にしなければいけない。」とのことでした。そのとおりですね。

by 「ひとりしずか」でした。

トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/1062-ae26f3d3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。