--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
08.15

大洲市肱川 カヌーツーリング駅伝の傾向と対策


  夏です。カヌーの季節ですね。
  カヌーの盛んな大洲市肱川で8/24(日)開かれるカヌーツーリング駅伝に備え、南活支援チーム員はトレーニングを行っています。


  カヌーツーリング駅伝とは
 大洲市さんのHPに案内があります。
駅伝レース中は選手がバラけているのでそう感じませんが、開会式閉会式会場で選手が並ぶと結構ビッグな大会なのだと感じられます。
 昨年中継所で待っている間はレースの状況がわからなかったので川面を見つめ孤独を感じていました。各中継所にも映像中継かせめて通過の放送かほしいですね。待機中のテンションが上がります。
先生にパドルの持ち方から教わる参加者。


 先生があっ!


 正しくライフジャケットを着装していれば浮くんだ、恐れることはない、と教えてくださる先生。
でもまあなかなかひっくり返りませんね。特に問題なく発進していく参加者たち。

カメラに向かってアピールする参加者(左)。パドルを上げてカメラに答える参加者(右)。
ち、ちょっと遠かったですねー!

↓3年目のベテラン漕者の美しいパドルさばき

 傾向としては良く回ります。回りますね!まっすぐ進むだけですでに難しかったです。
 でもゆっくり流れに任せていればゴールはできるのではないかと思います。
  たかやま

←艇の手入れに余念のないメンバー
トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/1139-6ee3d78b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。