--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
11.07

石畳水車まつり~内子町~

11月3日(木・文化の日)に「石畳水車まつり」
行ってきました。

肱川支流の麓川には、昭和30年代までは30数基の水車が
回っていたそうです。
水車のある風景を、「麓川の原風景」として位置づけ、
再現しようと、地域の人が水車小屋を復元して、
「石畳清流園」として整備したそうです。
水車小屋(石畳水車まつり)

今回が20回目という「石畳水車まつり」ですが、
来場者がどんどん増え、お昼頃にはこんな感じでした。
超満員(石畳水車まつり)
あまりの大勢の人にびっくりです。

こちらが手打ちそばです。この奥で手打ちされていました。
昨晩から煮込んでいるという、おでんも絶品でした。
おかわりしようかと思ったほどです。
手打ちそば(石畳水車まつり)  そば打ち(石畳水車まつり)
手打ちそばは、最大で30人くらいが順番待ちでした。 

アメノウオの塩焼きと焼き鳥です。
魚&焼き鳥(石畳水車まつり)
アメノウオは頭まで食べられます。

何と「あたり付き」とは!
あたり付き(石畳水車まつり) 
すごい得した気分です♪♪

食後にぜんざいをいただきました。
ぜんざい(石畳水車まつり)
つきたて、焼きたての餅が最高でした♪♪

必死にそばをこねている方、真っ赤な顔をして炭火と
格闘している方、大量の餅をつき続ける方、全ての方から
お祭りを盛り上げようという意気込みが伝わってきます。
炭火焼(石畳水車まつり)

こんなクイズコーナーもありました。
かぼちゃクイズ1(石畳水車まつり)  かぼちゃクイズ2(石畳水車まつり)
見当もつきませんでしたが、私も応募してみました。


ステージでは、長浜の豊年踊りが演じられていました。
豊年踊り(石畳水車まつり)  豊年踊り2(石畳水車まつり)
素朴な農民の暮らしを表現した、ユーモアたっぷりの演技ですね。


次は、内子高校郷土芸能部(珍しいですね)による
和太鼓の演奏が行われていました。
和太鼓演奏1(石畳水車まつり)  和太鼓演奏2(石畳水車まつり)
若さあふれる熱演ぶりです。


また、水車米を使った炊き込みご飯や地域で収穫した
柿、栗、野菜が販売されていましたが、11時頃には、
ほとんどが売り切れでした。


石畳地区住民の方の半数以上の方が
スタッフとして働いているそうですが、

私がいた2時間半、マイクを離さず話続けていた方、
シャトルバスを延々と往復運転されていた運転手の方、
駐車場係でバッチリ誘導していただいた方、
本当にお疲れ様でした。

おかげ様で、「おもてなし」を
存分に味わうことができました。
もう、来年が待ち遠しいです。

この先の20年も、地域に根付いた
素敵なお祭りであってほしいですね。

他にもエピソードがあるのですが、
またの機会にします。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
よろしければ、拍手をポチッとお願いします。
ブログ掲載の励みになります
♪♪ 


           兄者でした。

トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/174-b5de12ee
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。