--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.05

シルクのストールを織ってみましょう! ~シルク博物館~

Category: 観光・施設
年末にご紹介したとおり、簡易織り機を1ヶ月間お借りし、
「ストール織り体験」に挑戦してみました。 
01_シルク博物館外観

博物館に入ると、体験された方の作品の写真が
展示されています。 
02_ストール織体験写真
この先輩達に仲間入りできますかな?

こちらが、機織体験コーナーです。 
03_体験コーナー

スタッフの方により、手織り機に縦糸が張られています。
今回は矢車にやまもものストライプです。
04_機織り機1 05_機織り機2
(縦糸の色を指定すると順番が遅くなるかも。)

約20種類の横糸からお気に入りを選びます。
06_横糸1 07_横糸2  
お隣にある「おりひめ畑」など、身近な場所にある
植物が染料として使用されています。

準備が整ったので、織っていくことにしましょう。
目標はズバリこれです。
08_ストール完成品(見本) 

では、始まり!始まり~!!

1 横糸の色合わせ2 小管に横糸を巻く
09_横糸の色合わせ10_小管に横糸を巻く
手織り機の縦糸と横糸の色を合わせます。 横糸の色で、雰囲気が全く変わります。縦糸を小管(こくだ)に巻いていきます。

 
3 杼に小管をセットする4 杼をくぐらせる
09_横糸の色合わせ12_杼をくぐらせる
巻き終えた小管を、杼(ひ)にセットします。
足元のペダルを踏むとタテ糸が交互に分かれるので、
その間に杼をくぐらせます。
織り出しは、指導員にお手本を見せてもらえます。

5 トントン6 織り織り中
13_トントン  14_織り織り中
框(かまち) というヨコ糸を詰める道具を持ち、トントンと2回手前に引き寄せます。 根気よく繰り返します。



7 歯車を緩めます8 糸を巻き直す 
 15_歯車を緩めます 16_糸を巻き直す
織り進めると杼が通りにくくなるので、歯車を緩めて通りやすくします。途中、小管に巻いた糸がなくなったら、糸を継いで巻き直します。

これを、根気よく繰り返します。
150㎝ほど織り上げると仕上げに移ります。

9 ぬるま湯で糊落し
17_ぬるま湯で糊落し
ぬるま湯で揉み洗いし、糊を落します。


10 乾燥させます11 アイロンがけ
 18_乾燥させます 19_アイロンがけ
半乾きになるまで、乾燥させます。 アイロンをかけます。

 
12 フサの長さを揃える13 フサを作る
 20_フサの長さを揃える 21_フサを作る
フリンジ(フサ)になるタテ糸をハサミで切り、 長さを揃えます。フリンジを、端8本、後7本を1束にまとめ、根本で玉結びにします。

そして、ついに完成♪♪ 
スタッフの皆さんに感謝 ♪♪
22_堂々完成 

兄者の奥様は5、6回通って、やっと完成しましたが、
早い方は2、3回で完成させてしまうそうです!!!

夏は冷房対策や、首周りの日焼け予防にも
大活躍のストール。
皆さんも作ってみませんか。

ちなみに人気体験講座なので、
少々お待ちいただくことになりそうです。
 【 施 設 情 報 】 
 施設名  : 西予市野村シルク博物館
 住所   : 西予市野村町野村8-177-1
      (西予宇和ICから約20分)
 電話番号 : (0894) 72-3710
 定休日  : 月曜日、年末年始
 営業時間 : 9時~17時


よろしければ、拍手をポチッとお願いします。
ブログ掲載の励みになります
♪♪


            兄者でした。



トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/327-c40a7e05
トラックバック
コメント
素晴らしいd(⌒ー⌒)!
魚のおいちゃんdot 2012.02.05 09:35 | 編集
いつも楽しみに拝見しておりまーす。
素敵なストール!!
かめ子dot 2012.02.05 20:29 | 編集
機織りお疲れ様でした♪世界に二つとないストールの完成ですね。と~っても素敵です☆
みみずdot 2012.02.05 20:54 | 編集
ありがとうございます。
手触りも良く、自然の色が優しくて
とても楽しく織れました。
リピーターが多い理由がわかりました。
今度はもう少し上手にできるよう頑張ります。
ちなみに、2本目予約済です。

      兄者嫁~より
兄者~dot 2012.02.05 23:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。