--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
08.02

河辺の夏休み

Category: 観光・施設
河辺といえば、肱川の奥地、山鳥坂ダムを
連想される方が多いと思います。
私も18年ぶりに訪れました。

国道197号線から河辺川上流へ約15kmのところに、
「河辺ふるさとの宿」があります。
廃校になった小学校の校舎を改装し、昭和63年から営業しているそうです。
木造校舎の形がそのまま残っていて、
ノスタルジックな雰囲気に癒されますね。

河辺ふるさとの宿 河辺ふるさとの宿2

まずは、腹ごしらえです♪♪

食堂のメニューを見ると、「キジ丼650円」、
「キジラーメン600円」、「キジうどん550円」
キジ料理が自慢のようです。
事前に予約すると、予算に応じてオリジナルメニューもいただけます。
ちなみに私がお願いしたのは、「1,200円で川魚料理を」です。

川魚定食

出てきたのは、「アマゴの塩焼き」「天ぷら」
「アマゴのさつま」などの定食。
この「アマゴのさつま」が絶品!!! で、
つい、お代わりをしてしまいました。

この他にも、バーベキュー♪♪ が楽しめるほか、
当然宿泊もでき、きじすきや山菜を使った、
宿泊&料理プランもあります。

この「河辺ふるさとの宿」のすぐ裏にある、
ヒノキ造りの屋根付き橋を渡ると、

ふるさと橋 

「河辺ふるさと公園」があります。
公園内には、脱藩の道を歩いた、
坂本龍馬、沢村惣之丞、那須俊平
の「飛翔の像」があり、
豪華な屋外ステージや、すべり台もありますが、
このような光景も・・・

紅葉

河辺はもう秋なのでしょうか・・・?

気を取り直して、もう少し上流に向かってみます。
河辺には屋根付き橋が8つもあり、
「浪漫八橋」と呼ばれているそうです。

一番上流にある、最も古い橋が「御幸の橋」です。
途中で、三嶋橋(大正12年)、帯江橋(昭和27年)を
横目で見ながら、10分ほど走れば・・・見えてきました。

御幸橋2 

なんと
72-1_037.gif
安永2年(1773年)に架設されたそうです。
 
現橋は、その後、明治19年の大洪水により流失したものを、
氏子が総出で同年に再現したものだそうです。

御幸橋

柱、欄干、踏板などにケヤキが使われており、
スギ皮葺の押え釘以外は、金具類は一切使われていないそうです。
浪漫八橋の中でももっとも古い橋で、
昭和45年に県指定有形民俗文化財に指定されています。

橋を渡ると、「坂本龍馬脱藩の道」の看板がありました。

脱藩の道

また、目を後ろに向けると、

大ケヤキ

樹齢800年の大きなケヤキがありました。
坂本龍馬も、大ケヤキを見ながら、
御幸橋を渡ったのでしょうか?
まさに歴史浪漫ですね。わびさび



                  今日は筆マメな兄者 でした。

トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/35-c57ff016
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。