--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
02.21

旧白石和太郎洋館で過ごす休日(八幡浜市保内町)

Category: 観光・施設
龍潭寺散策(記事はコチラ→)をお届けしていたところですが、少し休憩。

コチラをご紹介します。
毎月第2・第4日曜日に開催されている旧白石和太郎洋館の一般公開
(以前のご紹介記事はコチラ→☆☆
喫茶和太郎看板 和太郎洋館

一般公開の日には洋館の中で「喫茶和太郎」がオープンされており、さらに第2日曜日限定でギターの生演奏が行われています。

洋館の外に聴こえてくる何やら楽しげなギターの音色に誘われて洋館の扉を開けると~
ギターの心地よい音色が部屋いっぱいに響きわたっています。
演奏されているのは、ドミナスのお二人。
演奏中1
(左)ギターに合わせて歌も披露してくれるカルロス鈴木さん
(右)耳で聴いた音を楽譜におこされるというゴンザレス竹内さん

ドミナスというユニット名は南米にある小さな町の名前で、JR八幡浜駅から国道に出る角にかつて「ドミナス」という喫茶店があり、そこで演奏していたことに由来するそうです。
二十歳頃から活動され、一時休止していた時期もあったそうですが、活動を再開され、現在に至るそう
演奏(カルロス鈴木) 演奏(ゴンザレス竹内)

レパートリーは100曲にのぼり、お二人のアレンジが加えられています

ドミナス
実は恥ずかしがり屋というお二人。本番当日に息のあった演奏ができるようドミナス結成から30年を超えた現在でも週に一度の二人での練習は欠かせないそうです。

「喫茶和太郎」では20曲程度用意され、当日のお客さんに合わせて演奏されるそう。

カーペンターズやビートルズのほか、どこか懐かしい感じがするフォークソングが披露されました。

菜の花 喫茶和太郎テーブル花
 
↑各テーブル毎におかれた季節の花。素敵な演出です。

そして~以前紹介した「ちゃんんぽん物語」を作られたサスケさんの「ほんのり保内」の演奏と歌も!!

歌詞に出てくる情景と会場のレトロな洋館の雰囲気がマッチして一気に明治時代のハイカラな雰囲気漂う保内にタイムスリップしたようなひと時です

さらに~演奏のおともはこちら
喫茶を主催している女性塾手作りのケーキセットです
ガトーショコラ(喫茶和太郎)←2月のケーキ。チョコレート特集でガトーショコラ

喫茶和太郎の始まりは、2004年に開催されたえひめ町並み博が開催された際の事業の一つで、6か月の期間限定で喫茶店をされたことにさかのぼるそう(当時は洋館とは別のところで開催されていたそうです)。
入口には伊予柑の販売もありました→伊予柑販売
半年間の喫茶の運営が終わり、またどこかで自主的に喫茶を運営できないかと考えていたところ、同時期頃に現在の洋館の修復工事が終わり、「喫茶和太郎」の開催へとつながったそうです。音の響きがよいため、長居される方が多いそう。納得です

みみずが伺った当日もみなさん最後まで、演奏を楽しみつつ話に花をさかせておられました

大変素敵な休日でした。

洋館の一般公開と合わせてお楽しみください

♪==============♪
旧白石和太郎洋館
〒796-0201
住所:八幡浜市保内町川之石2-9-10
一般公開日:第2・第4日曜日
喫茶和太郎営業時間:午後1時~午後4時まで
※第2日曜日のみギターの生演奏あり
駐車場:有
♪==============♪

みみずでした。
トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/356-ed6b473f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。