FC2ブログ
2012
03.01

廃線を行く ~国鉄内子線~

Category: 産業遺構
おはようございます。
早いもので、3月になってしまいました。

今回は、懐かしい「国鉄内子線」
をご紹介します。

「国鉄内子線」は、予讃本線五郎駅から分岐して、
内子町を結ぶ全長10.3㎞の路線で、
大正9年5月1日に愛媛鉄道という私鉄により開業、
昭和8年10月1日に国有化され、
昭和61年3月3日に廃止されるまで運行されていました。 
(盲腸線と呼ばれていたそうです。なるほど。)
00_古い路線図
(昭和47年発行 大洲市誌より)

現在は予讃線の一部に組み込まれていますが、
地方交通線に指定されているため、
内子駅-新谷駅間は内子線のままとなっているそうです。

それでは、国鉄内子線を辿ってみましょう。

01_国鉄旧内子駅跡出発地点はこちらです。

「国鉄 旧内子駅跡」
書かれた石碑がありました。


今では、立派な
「内子自治センター」が
あります。
当時の面影はまったく
ありませんね。
02_内子自治センター

ここから、五十崎町方面へ伸びる2車線の道路
「南京はぜ通り」は、旧内子線跡を利用して
整備された道路です。
03_南京はぜ通り07_加戸病院前の通り
 
04_現在のJR内子駅現在のJR内子駅です。
エレベーターを備えた
高架駅になっています。

駅前には、C12形蒸気機関車」
旧内子駅の名票」があります。
旧内子駅から移動し、展示・保存されています。
05_C12形蒸気機関車06_国鉄旧内子駅看板

この高速道路の
高架下が、
「旧五十崎駅」跡です。
跡形もありません。

08_国鉄旧五十崎駅跡

松山自動車道、国道56号線と平行して築堤があり、
ここには線路も残っていました。
11_松山自動車道と国道56号線10_廃線内子線2

ここは、映画「ダウンタウン・ヒーローズ」で、
実際に坊ちゃん列車のレプリカが走ったところです。

10_廃線内子線2この先にテントが
見えますが、
行き止まりに
なっています。

 藪の反対側に、「列車注意」
立て看板が
ありました。
 12_列車注意看板

当時は踏切があったのかもしれませんが、
今は蔦が絡まっています。
13_列車注意看板214_標識?

この辺りのレールは苔むしています。
まるで古い遺跡にいるかのような気がします。
15_苔むした線路116_苔むした線路2
(頭の中には、「天空の城ラピュタ」の
お城のシーンのBGMが流れています。)

しばらく歩くと、
ツルガ池に
突き当たります。
鳥越峠にある、
有名な「峠たこ焼」
が見えますね。
17_ツルガ池

この先に、森の中の線路が残っているそうなのですが、
トラロープが張っており、鬱蒼としているので、
進むのを諦めました。

19_ツルガ池沿いの線路2「峠たこ焼」の裏から、
降りる道があります。

この辺りには、
廃棄物が投棄されており、
残念に思います。

これが、たくさんの人達を
運んだ線路なんですね。
静かに横たわって
いるようでもあり、
何かを訴えて
いるようでもあります。
18_ツルガ池沿いの線路
 
20_鳥越トンネル抗口奥に進むと、国鉄内子線で唯一のトンネル
「旧二本松トンネル」
があります。
入り口は、セメントで塞がれています。
 
最後に、国鉄内子線の起点だった「五郎駅」にやって来ました。
構内に、内子行きプラットホームの跡が残っていました。
21_五郎駅


現在は、遺跡のように残っている「国鉄内子線」ですが、

かつて、漫画家の松本零士さんが少年時代を過ごし、
夜の旧内子線を走る列車を見て、
「銀河鉄道999」をイメージしたと言われています。

このような逸話を 聞くと、とても感慨深いものがありますね。

3年前、廃線をめぐり、当時の写真で懐かしむ
「旧内子線廃線ウォーキング」が開催されたそうです。
もし機会があれば、絶対参加してみたいですね。


よろしければ、拍手をポチッとお願いします。
ブログ掲載の励みになります
♪♪


  粉雪舞う中汗だくの兄者でした。



トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/361-6535869b
トラックバック
コメント
お疲れ様でした。
1枚目の写真の石碑を見て、いつも、どこに線路があったんやろうと疑問に思っていました。
すっきりしました。ありがとうございました。
パッチくんdot 2012.03.02 00:35 | 編集
これからも近代土木遺産や風化されつつある産業遺構を探してみたいと思います。
パッチくんも探してみてませんか。
兄者~dot 2012.03.02 07:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top