--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.13

桜だより13 ~愛宕山 八幡浜市~

おはようございます。

先週、4月5日、6日の昼休み、7日の休暇を利用して、
「愛宕山」に登ってみました。 

「愛宕山」は、八幡神社本殿後方に、火の神「愛宕神社」
鎮座するところからこの名があるそうです。
      (昭和50年2月11日発行 八幡浜市誌より)

私の母校「愛宕中学校」があるので、当時の通学路を
辿ってみました。

大法寺を過ぎた所にある、39段の急な石段。
(当時の面影があります。)
パッチくんが以前紹介していた長い階段。
139段だったと思います。
01_石段(愛宕山)02_長い石段(愛宕山)
私が通った3年間で、積雪のために2回も
学校が休みになった原因の一つです。

そして、登り切って少し歩くと、四国有数の港町
「八幡浜」
を代表する風景が見られます。
03_八幡浜港と桜(愛宕山) 

これが、懐かしい「愛宕中学校」です。
06_愛宕中学校(愛宕山) 

愛宕中学校の上には、「市営テニスコート」や戦没者
の「慰霊塔」があります。
04_テニスコート(愛宕山) 05_慰霊塔(愛宕山)  
(昼休み30分ほどで行けるのは、この辺りまでです。)

今回は、更に上にある「給水塔」に上がってみることに
しました。
07_給水塔(愛宕山)
(「慰霊塔」の横から、けっこう急な階段を上がります。)

「給水塔」の周囲は、桜で溢れていて、展望台となっている
給水塔の上からは桜の木々を上から見ることができます。
08_桜を上から見る(愛宕山) 

先ほどの市営テニスコートや、遠くに建設中の「名坂道路」
が見えます。
09_テニスコートが見える(愛宕山) 10_建設中の名坂道路(愛宕山)

そして、ここからは、八幡浜市街や宇和海が
一望のもとに。
11_八幡浜を一望(愛宕山) 
フェリーの発着する様子が見ることができます。

桜の時期だけでなく、夕焼けも絶景だと思います。
ぜひ、皆さんもこの絶景をご覧になってみてください。


【おまけ】

下の画像は、愛宕山からのみた「名坂道路」ですが、
知ってそうで知らない場所です。
12_建設中の名坂道路と桜(愛宕山) 

一瞬の強い風に、舞い散る花弁が、
得も言われぬ趣があります。
13_桜舞い散る(愛宕山トンネル)

通り過ぎる車が、皆見上げる、
「愛宕山トンネル」の上でした。
14_愛宕山トンネルの上



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
よろしければ、拍手をポチッとお願いします。
ブログ掲載の励みになります
♪♪


             兄者でした。




トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/429-82409ff9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。