--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
04.15

桜だより14 ~世善桜 内子町上川地区~

おはようございます。

昨日、4月14日(土)は、昼から晴れ間が
見えてきたので、内子町(旧小田町)上川地区
にある「世善桜」を見に行きました。

道の駅「小田の郷せせらぎ」から国道380号線
から県道52号「小田柳谷線」を経て、県道211号「美川小田線」で、
約8km先にある上川地区」に向かいます。
集落を過ぎると、下の看板があるので、右に入り、
約2.9kmで約10 分です。 
03_案内板(世善桜) 

画像は、クリックすると大きくなります。

行き方や目印は、3月15日の記事をご参照ください。↓
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/blog-entry-399.html

国土地理院の地図はこちら↓
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=333407&l=1325225

県道を外れ、林道蔵ヶ谷面谷線に入ると、
悪路になります。
01_林道蔵ヶ谷面谷線

少し広い所があるので、車を停めます。
すると、目の前にエドヒガンザクラの巨木が、
その姿を現します。
02_世善桜現る(世善桜) 
樹高17.0 m、胸高幹周400cmもあります。

「世善桜」という名は、村人達が、「良い世の中で
ありますように」
と名づけたそうです。
03_全景1(世善桜) 

老木の根元には、顕彰碑があり、「御岳の桜は、
1483年に大和の国吉野の金峰山より持ち帰え
られた」
ものとあります。
04_世善桜顕彰碑(世善桜) 
何と、樹齢529年です。

支柱に支えられながら、ようやくその姿を保って
いますが、主幹からも枝が、桜が…。
05_支えられる親株(世善桜)  06_親株からも…(世善桜)

また、地元の方は、「上の方が咲くと畑作が良く、
下の方が咲くと稲作が良い」とされ、作物の
出来具合を占う御神木と仰いできたそうで、
根元には、太森神社の小さなお社があります。
08_太森神社のお堂(世善桜) 

周囲には、まだ菜の花が咲いていましたが、椿の花も咲いて
いました。
3月中旬に来た時にはまだ雪も残っていたように、
長く厳しい冬を乗り越え、春を謳歌しているのでしょう。
09_菜の花と蝶(世善桜)  10_椿(世善桜)
(菜の花に蝶が…)      (珍しい色の椿です)

昭和34年に県指定天然記念物に指定され、
地域の人達が次世代に残そうと、整備に
精を出しているそうです。
11_全景2(世善桜) 

愛媛県で最高齢のエドヒガンザクラは、今が見頃です。
皆さんも一度ご覧になってみませんか。


【おまけ】

奥山の春は、八重桜や山桜も見頃を迎えていて、
まさに「この世の春」を謳歌しています。
12_八重桜(上川地区)  13_山桜(上川地区)
(いずれも、県道211号「美川小田線」沿いにあります。)

また、小田高校手前から河辺に向かう県道55号「小田河辺大洲線」
(前回、用の山桜でご紹介しました。)でも、春を迎えていました。
八重桜
(艶やかな色彩で、満開でした。)
木蓮の大木
(こんな大木は初めて見ました。)
14_八重桜(県道55号線)15_木蓮の大木(県道55号線)

奥山では、まだまだ桜が見頃です。
今年はお花見の時期が短かっただけに、
花散らしの雨が降る前、もう一度楽しんでみませんか。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
よろしければ、拍手をポチッとお願いします。
ブログ掲載の励みになります
♪♪


             兄者でした。




トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/443-b288480b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。