--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.05

西予市ジオパーク構想:三瓶・城川

愛媛県西予市では、今年度から商工観光課内に 「ジオパーク推進室」 を設置し、町内の特異な自然環境と伝統文化から 「日本ジオパーク」認定 を目指している。
 ジオパークとは、地域全体をエリアとした「大地の公園」で、科学的に貴重な「地形」や「地質」などの自然遺産が似こされている地域で、自然や文化・歴史などの地域遺産を再発見し、それらの面白さに気付き楽しむ「ジオツーリズム」ができる場所でが対象となります。ユネスコの支援で2004年に「世界ジオパークネットワーク」が発足しました。
 現在、日本でジオパークとして認定されているのは、世界ジオパークが5ヶ所、日本ジオパークが15ヶ所の計20ヶ所です。
 西予市は、明浜町・三瓶町の海抜0mから野村町大野ヶ原の四国カルストの標高1,400mまでと面積が広くいろいろな地形を有するところです。
 今回は 三瓶町の須崎海岸 と城川町の日本最古級の地質遺産である「黒瀬川構造帯」を展示した 「西予市城川地質館」 を紹介します。


 三瓶町の須崎海岸です。須崎観音の駐車場に車を停めます。
ジオ0001
 ジオ0002
 30mほど戻ったところから海岸への下り道がある。
ジオ0003  ジオ0004
 海岸は歩道が整備されている。
ジオ0005  ジオ0006
 先に行くと岩肌が険しくなって木の年輪のように見えてくる。
ジオ0007  ジオ0008
 地層が縦になっている。絶景。何万年、何億年の時間の経過を感じる。
ジオ0009  ジオ0010
ジオ0011  ジオ0012
ジオ0013  ジオ0014
ジオ0015  ジオ0016
ジオ0017  ジオ0018
ジオ0019  ジオ0020
ジオ0021 

城川町窪野の三滝渓谷自然公園入り口にある「西予市城川地質館」
ジオ0029 ジオ0022
 地球の誕生から大陸の移動など勉強になる。
ジオ0023  ジオ0024
東日本大地震で話題になったプレートの説明が分かりやすくある。
ジオ0025  ジオ0026
 黒瀬川構造帯は周囲の地質と異なり、約4億万年前のサンゴや三葉虫の化石が発見されるなど、いかにすごいものか知ることが出来る。
ジオ0027  ジオ0028 
 敷地内には 「びっくり館」 もあって楽しむことが出来る。
ジオ0033

 ぜひ、西予市三瓶町の「須崎海岸」や城川町の「城川地質館」に行って見てはいかがでしょうか。自然のパワーをもらうことが出来ますよ。

 by 「ひとりしずか」 でした。


トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/481-b735a64e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。