--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.11

全国名水百選 観音水 ~西予市宇和町明間~

おはようございます。
今日も暑くなりそうですね。

今日は、初夏のような日差しを避け、
西予市宇和町明間(あかんま)地区の
「全国名水100選と和む森 観音水」
訪れた時の様子をご紹介します。
02_石碑(観音水)
  画像をクリックすると大きくなります。

「観音水」は、昭和60年に環境庁から
「全国名水百選」に選ばれたことで有名です。 
01_名水百選観音水   

渓流沿いに、湧水地点まで続くこの辺りは、
「えひめ森林浴88ヵ所」に指定されています。 
03_森林浴の道(観音水) 04_渓流1(観音水)

森林浴については、えひめ森林浴88ヵ所HPを
参考にしてください。↓
http://www.pref.ehime.jp/060nourinsuisan/
090shinrin/00002892030522/f88-top.htm


名水百選が、苔むした岩の間を流れていきます。
癒しの風景ですね。 
05_渓流2(観音水) 06_渓流3(観音水)

新緑からの木漏れ日が眩しいです。
07_新緑萌える1(観音水) 08_新緑萌える2(観音水)

湧水地点に到着しました。
この辺りの標高は315mあるので、
ひんやりとして、清々しいです。

小さな滝もあり、名水百選のマイナス
イオンが辺りに溢れています。
09_湧水場所1(観音水) 10_湧水場所2(観音水) 
(奥に見えるのが洞窟です。)

透明度はどのくらいあるのでしょうか。
見たこともないような美しさです。 
11_湧水場所3(観音水) 12_湧水場所4(観音水)
(マンション暮らしの身ですから…)

洞窟から湧き出てくる水は、日量8,000トン。
水質は弱アルカリ性で、冷たい水です。 
13_洞窟(観音水)  14_観音水の成分 
地元の方からは、霊水として
崇められているそうです。

入口の石碑の所には、水を汲みに来る方が
たくさんいらっしゃいました。
観音水で淹れたコーヒーや紅茶は格別ですよ。 

また、入口横には、地元老人クラブによる
そうめん流しや農産物等の直売をしている
「名水亭」があります。 
15_名水亭外観(観音水) 16_名水亭(観音水)

名水を利用したそうめん流しとは、
また、随分と贅沢ですね。 
17_そうめん流し1(観音水) 18_そうめん流し2(観音水)

冷たくて、試行錯誤された「めん」、「つゆ」
ともに、渓流の景色も相まって、絶品です。
(料金)大人600円 小人300円 幼児200円
 
以前、「ひとりしずか」さんが紹介していました。↓
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

詳しくは、せいよ観光物産サイトをご覧ください。↓
http://www.seiyo1400.jp/c/news/2012/05/02/1192/


皆さんも、苔むした岩肌とせせらぎ、
鳥の鳴き声が聞こえる閑静な場所に
癒されてみませんか。


「観音水」の場所はこちらです。↓
http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E132.35.0.695N33.20.2.313&ZM=8

西予宇和ICから野村方面へ車で約15分。
橋の上の幟↓が目印です。
19_そうめん流しのぼり(観音水)

【おまけ】
名水亭のお隣に、苔玉を販売していました。
「癒しの苔玉 名水亭」だそうです。 
20_名水亭癒しの苔玉(観音水)  
これらは全て、店主で、苔玉アーティストの
「苔久」さんの作品だそうです。

苔玉に、「もみじ」やら「いちご」やら
いろいろな植物が植えられていました。

例によって、財布の紐が緩みまして、
こちらを我が家に迎えることにしました。

「姫シャガと山あじさい」です。
21_姫シャガと山アジサイ(名水亭) 
薄紫色のシャガは初めてみました。

おまけでいただいた「菊炭」です。
22_菊炭(名水亭)
菊炭は茶道で使用される「茶の湯炭」
という高級品です。

見ていると心癒されます。
ありがたいですね。




最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
よろしければ、拍手をポチッとお願いします。
ブログ掲載の励みになります
♪♪


             兄者でした。



トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/495-8345d59a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。