--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.06

棚田百選 堂の坂(どうのさこ) 西予市城川町田穂

Category: 観光・施設

兄者~さんが、「日本の棚田百選」で内子町五十崎にある「泉谷地区」の紹介があったので、「堂の坂地区」を紹介します。
 愛媛県西予市城川町田穂には、「日本の棚田百選」に選ばれた「堂の坂(どうのさこ)棚田」がある。

「日本の棚田百選」とは、棚田が、洪水防止、水源かん養、多様な動植物や貴重な植物の生息空間や美しい景観の提供などのさまざまな役割を果たしていることから、農林水産省が、維持・保全の取組みを積極的に評価し農業・農村の発展を図るとともに国民的な理解を深めるため、19997月に全国の中から117市町村(合併前)134地区の棚田を認定したものである。(100ではないのですね)

また、ここでの棚田とは、傾斜地が20分の1(水平に20m進んで1m高くなる傾斜)以上の水田とのことで、さすがお役所。

西予市宇和町から行くには、野村町中心部を過ぎてコンビ二ローソンを右折し、県道野村城川線の桜ヶ峠トンネルを抜けると城川町に入りそのまま少し下ると左手に美容室がある。そこを過ぎたあたりに看板があり、左上に走るとすぐ「堂の坂(どうのさこ)棚田」がある。私は県道沿いに案内看板があるのに気が付かずに通り過ごしていた。

 美容室のすぐ向こう。       立派な看板がある。

棚田01   棚田02  
棚田03      棚田04
棚田05  棚田06
棚田07  棚田08
 

 愛媛県で棚田百選にはここのほか、内子町五十崎の「泉谷」と松野町の「奥内」と3ヶ所が指定されている。
 選定当時の3ヶ所の比較は次のとおり。実際に見に行ってください。

「堂の坂」:傾斜1/5、面積1.5ha、田100枚、対象農家数9

「泉 谷」:傾斜1/3、面積4.0ha、田 95枚、対象農家数6

「奥 内」:傾斜1/7、面積20ha、田600枚、対象農家数30 

 

また、この田穂地区は県道沿いにいつも花がきれいに咲いている。元々城川町は「わがむらは美しく」運動を積極適に行っており、草花を手入れされる地元の方の苦労に感謝である。

なお、この田穂地区は、「にほんの里100選」にも選ばれている。これは、深刻な過疎化と高齢化が進む中で「里の営みを持続させようと努力を続ける元気な里」を未来に残す目的に、朝日新聞社創刊130周年と森林文化協会創立30周年を記念して募集し、4,4742,000ヶ所以上の候補地から山田洋次映画監督を委員長とする選定委員会で100ヶ所が20091月に選定された。

愛媛県では、ここのほか、久万高原町の「上畑野川」と宇和島市の「遊子水荷浦」の3ヶ所が選ばれている。

平地の少ない土地で先人が、生きるため、家族を養うために山や谷を切り開き石垣を積み上げ農地を開墾してきた。重機がない時代に石垣の石を運び11個積み上げて段々の田畑を造っていった苦労は大変なものであったろう。田んぼに稲が育っている風景に心が落ち着く私はやはり田舎者?!。

 

 by 「ひとりしずか」 でした。



トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/573-d680bf4d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。