--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.11

長浜町青島と坂本龍馬

長浜なんとかしようぜ委員会(濵田毅会長)では、坂本龍馬脱藩150周年を記念して、平成2477()大洲市長浜町青島に渡り島内散策と坂本龍馬研究で有名な村上恒夫大洲史談会会長の講話及び松山市出身の島唄奏者三好輝さんによる奄美群島喜界島に伝わる喜界島三味線及び薩摩琵琶の演奏が行われ36名が参加しました。

 坂本龍馬青島?と私も疑問でした。坂本龍馬は土佐を脱藩した文久2(1862)3月、梼原から韮ヶ峠を越えて愛媛県に入り、河辺、五十崎、大洲と通って327日に長浜の富屋金平衛宅に泊まって山口県に向ったのは知っていたが、実は、その3年後、慶応元年(1865)928に京都から山口県に向う途中、薩摩藩の蒸気船「胡蝶丸」146トンで青島に泊まった高知県佐川出身の土方(ひじかた)直行が記した「坂本龍馬手帳摘要」に記述があるとのこと。

 今回、同委員会では、青島をPRして振興を図るとともに大洲市の新しい観光資源を目指してイベントを企画した。次回は721()の予定。

 青島は、長浜町沖13.5kmの伊予灘に浮かぶ周囲4.2kmの小さな島で、元々無人島で大洲藩が馬の飼育場として利用していたが、近海に鰯がよく獲れたため1639年兵庫県赤穂市の播州坂越(さごし)村の漁師が許可を得て一族16家族で移住したのが始まり。人口は昭和17年の889人、世帯数は昭和35年の165世帯が最高であったが、昭和42(1967)に中学校が、昭和53(1978)に小学校が廃校(資料によって年度が少し違う)になった。現在の人口は16人とか。事前にインターネットで調べると人の数よりネコが多いとの書き込みがあった。

 

出発前の受付、弁当をもらう。  臨時便に乗船。

青島01  青島02
見送ってもらう。               波が高く船が大きく揺れ濵田会長ダウン。

青島03  青島04
濵田さんダウン、 かわいそう。島に近づく。頑張れもうすぐだ。

青島05  青島06
人家や元小学・中学校の建物が見える。 

青島07  青島08
島の人の出迎え。     昔は海水浴で来る人が多かったそうだ。

青島09  青島10
確かにネコの数が多い。聞くと犬を飼ってはいけないということはなく前に犬を飼っていた人がいたが今は世話する若い人がいないとのこと。

青島11  青島12
日程説明。            岡田県議会議長も参加。

青島13  青島14
十三士記念碑に向う。大正31月の吹雪の日、広島県の漁船が遭難して漂っているのを地元青年団が二隻の漁船で救助に向ったが一隻が転覆した。それを島で見ていた青年13名が和船で救助にでたが転覆し全員が殉職した。皮肉にも遭難していた漁船や最初に救助に行った二隻の乗組員は助かった。13名の犠牲者をたたえ十三士墓を建てるとともに碑を建立した。

青島15  青島16
青島出身でNHK松山放送局に勤める亀井嘉朗さんが参加され説明していただいた。亀井さんが小学校に入学した時は同級生が60数人いたが、多くの人が島を離れ中学校を卒業するときは27人になったとのこと。

青島17  青島18 
見れば20
歳前後の青年です。  あまりにも早すぎますね。 

青島19  青島20
倒れている墓標は中を島以外に移した印しとのこと。降り道。

青島21  青島23
集落はこの見える範囲。ここに約900人がいた。今では信じられない。

青島22  青島24
青島25  青島26
路地。 やはり猫。                庄屋の赤城宅跡地。石段が立派。

青島27  青島28  
現在、家屋はない。

青島29  青島30 
お昼のお弁当。笹に包まれ最高。ネコが来ないうちにいただきました。

青島31  青島32 
青島神社。

        青島33          青島34
神社の石垣から横に出る石柱。何のため?。 元青島小学校。

        青島35          青島36
野口英世の銅像。       中学校は入口が草で断念。

        青島37          青島38 
小学校からの風景。 デジタル電波塔、陸地の海岸部はこのおかげでテレビが映る。

青島39         青島40
灯台。樹木で景色は見えず。標高91.2mの頂上付近。

          青島41         青島42
コミュニティセンターに集まって講話と演奏会。
青島43 青島44
濵田会長復活。             村上さんの講話。
青島45 青島46

会場                                    島のかたも一緒に聴かれる。

青島47  青島48
異端の島唄奏者三好輝さんの喜界島三味線と薩摩琵琶の演奏。

青島49  青島50
岡田県議も奄美の踊りを一緒に踊る。     記念撮影。

青島51  青島52 
島のかたもハイチーズ。              青島の盆踊りの衣装。

青島53         青島54
愛媛県無形文化財。赤穂の耐え難い望郷の念等の踊りとか。毎年814日の亡者踊りと15日の大漁踊りと二晩踊った。忠臣蔵用に47着の衣装があったようだが、最近は踊る人がいないようである。
青島55    青島56    青島57 
青島58  青島59
明治14年の住宅地図        昭和15年の住宅地図
青島60  青島61    

 青島の地名            青島中学校
青島62  青島63
青島の盆踊り
青島64 
青島独特の定置網。   島の人によるとネコは3040匹か?とのこと
青島65  青島66
帰りの時間が近づく。       見送ってもらう。 
青島67  青島68
ありがとうございました。          船から見た海水浴場付近。
青島69  青島70
帰路。帰りの波は穏やかであった。

青島71  青島72
濵田さん帰りは船が揺れず順調。みなさん楽しい思い出を作って下船。
 
青島73  青島74 

 当日は、朝方、伊予市に大雨警報が出て長浜に行くJRの始発が運休するなど天候が心配されたが、雨も降らず暑くもならず絶好の日和でした。お世話いただいた「なんとかしようぜ委員会」の皆様本当にありがとうございました。おかげさまで、坂本龍馬のこと及び青島のことを知ることが出来て大変勉強になりました。機会があれば今度は定期船で訪れてみたいと思います。
 
参考

定期船は12往復。日帰りの場合は、長浜港700発青島着745、帰りは青島発1615発長浜港着1700。往復1,330円‘(6歳以上12歳未満は670円)


  島には自動車はない(車が走る道がない)。そういえば自転車も売店も自動販売機もなかった。魚釣りや海水浴が出来るが行く時は食料や水を持参しよう。

なお、この記事にはハンドルネーム春野公麻呂さんのブログ「戦争遺跡ハイキング(15)青島艦艇速力試験所跡」を参考にさせていただきました。

青島の問い合わせは、大洲市役所青島連絡所 0893-52-2933


  by 「ひとりしずか」 でした。 



トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/578-cd93f1f5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。