--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.12

銀河鉄道999の新谷小学校

愛媛県大洲市新谷町にある大洲市立新谷小学校は、校舎を木造一部鉄筋コンクリート2階建てに新築し児童が新しい校舎で学んでいる。

この北校舎1階の玄関を入ったところに漫画家松本零士さんが書いた「銀河鉄道999(スリーナイン)壁画が飾られている。タイトルは「ふるさとからの旅立ち」。

 なぜ松本零士の漫画が・・・って?。
 松本零士さんは、太平洋戦争末期の昭和19年から21年頃にかけて兵庫県明石市から母親の実家の大洲市新谷に疎開新谷小学校に12年生を通ったことがあり、その時に見た神南山や田園の風景、旧国鉄内子線を走る蒸気機関車をヒントに「銀河鉄道999(スリーナイン)」を構想したとか。

壁画は、縦2.3m、横5.8mのフレスコ画風で75日に本人が出席して除幕式が行われ、7()に一般公開が行なわれた。

 

 平成2475日に落成式を終えた校舎。ムクエノキの大樹が立派。

新谷小01  新谷小02  

 時計がよく見える。        学校の案内看板。

新谷小03   新谷小04

 玄関を入ったところ。 すぐに壁画が目に入る。

新谷小05   新谷小06

 きれい。メーテルもきれい。 じっと眺める。

 新谷小07  新谷小08

 メーテル(ギリシャ語で母という意味)  星野鉄郎

新谷小09   新谷小10

 神南山の麓の風景か?。   青春の頃の漫画。懐かしい。

新谷小11   新谷小12

 各部屋の案内板。車掌が校長? メーテルは職員?。

新谷小13   新谷小14

 宇宙戦艦ヤマトの古代進?。森雪?。こんな保健師さんなら私も行きたい。

新谷小15   新谷小16

 銀河鉄道999。          松本零士さんの紹介。

新谷小17   新谷小18

 北校舎裏側と図書館。     図書館もりっぱ。

新谷小19   新谷小20

 北校舎裏側。           北校舎西側。

新谷小21   新谷小22
 正門。                 正門横に新谷藩陣屋跡の碑。

新谷小23   新谷小24

 麟鳳閣(りんぽうかく)(愛媛県指定有形文化財)。新谷藩の藩政評議所や謁見所として使用された建物。木造平屋建、入母屋造桟瓦葺。この付近は寛永16(1639)大洲初代藩主加藤貞泰の遺領6万石のうち1万石の内分を受けた次男の直泰が新谷藩陣屋を置き、9230年にわたって続いたが、ほとんどの遺構はなくなりこの建物が残っている。

新谷小25   新谷小26

 北校舎とプールの間にあり、中は新谷藩時代に使われたものが置いてある。以前の校舎の時はわかりにくかったが、よく見えるようになった。

新谷小27   新谷小28

 ちなみに松本零士の本名は松本晟(あきら)。19381月生で現在74歳。両親が大洲市出身。父親の仕事(陸軍パイロット)の関係で福岡県久留米市で生まれ、疎開後は福岡県北九州市に移る。現在東京都練馬区に住み、練馬区では原動機自転車に8月からメーテルナンバーを交付する。


 by  銀河鉄道999(スリーナイン)や宇宙戦艦ヤマトを見て育った  「ひとりしずか」 でした。



トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/579-73b6e52b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。