--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.28

須賀公園 伊方町三机

Category: 観光・施設

日本一細長い佐田岬半島の真ん中あたりの瀬戸内海側に三机がある。ここは伊方町に合併する前は瀬戸町と呼ばれていた。国道197号の「道の駅瀬戸農業公園」と「堀切大橋」の間から左に下って橋の下で三叉路を右に進むと三机に着く。三机湾に突き出た須賀公園まで自転車で走った。
三机01  三机02

公園内は自動車は入れないので、車で来た人は手前の駐車場に停めてキャンプなど荷物がある人はリヤカーを借りて運ぶ。管理人に聞くと「10年前ぐらいまでは中まで車で行けてキャンプしていたが、一晩中エンジンをかけて車の中でエアコンを入れて寝る人があってトラブルがあり、今は車の進入は禁止にしている。他にオートキャンプ場が整備されてキャンプする人は昔に比べると減った。」とのこと。自転車は入ってよいとのことで愛(自転)車「流星号」で進む。
三机03  三机04 
 

愛媛県指定天然記念物 須賀(すか)の森。右側の石は「愛天然」とある。

三机05   三机06

ウバメガシの大樹。テント場。   炊事場。

三机07  三机08

シャワー室・トイレ。               六艘堀の案内看板。

三机09   三机10

案内看板によると江戸時代に宇和島藩が参勤交代で海路で行く場合、城主等は塩成に船を降りて峠越えして三机に渡り、船は佐田岬を回させたが、しけ等で船が回れない時のためにここに6艘の船を置いていてその船で伊予灘に出て瀬戸内海を進んだとか。しかし、堀の中は狭いため実際は島の内側の湾が6艘堀ではないかとの意見もある。三机には宇和島藩のほかに薩摩藩、熊本藩など九州の諸藩の船も寄港していたといわれここには宇和島藩主が泊まる「御仮屋」があった。三机は参勤交代時の重要な場所であった。
三机11 
三机12

 

須賀公園のほとんどが八幡神社の敷地らしいが、和霊神社、恵比寿神社もある。大久保利通がここに寄港したときに詠んだ和歌を記した木柱があったようであるがわからなかった。

三机13 三机14
三机15   三机16
三机17   三机18

三机湾は、ハワイの真珠湾と地形や水深が良く似ていることから、開戦2年前の昭和141939)年頃から旧海軍の極秘訓練基地として特殊潜航艇の訓練地であった。昭和16128日甲標的甲型と呼ばれる特殊潜航艇5隻でハワイ真珠湾を攻撃し9名が亡くなった。忠魂碑として昭和418月、ここに佐藤栄作元内閣総理大臣筆の「大東和戦争九軍神慰霊碑」が世界恒久平和の礎として建てられた。

三机19   三机20 

 慰霊のモニュメント。  昭和63年に近くの海底から引き上げられた陸上爆撃機「銀河」を夜間戦闘機に改造した「極光」のプロペラ。

三机21  三机22

ここもテント設営可。愛車「流星号」が風で倒れた。夏休み期間中オープンの海水プール。

三机23  三机24

ここにも祠。            魚霊碑。

三机25   三机26

防波堤が伸びる。               魚釣りで有名な赤灯台。

三机27  三机28

防波堤から須賀公園を振り返る。北側の海岸は平な石が多い。砂浜は湾内にある。

三机29  三机30

北側の海岸。     町の中をサイクリング中、不思議な門を発見。

三机31  三机32

帰りに見た堀切大橋。慶長151610)年から3年間、運河を造るために掘削工事がされたが途中で中止。堅い岩盤で多くの犠牲者がでたとのこと。

三机33 
 

夏休みは、海水浴、魚釣り、キャンプにぜひ三机の須賀公園にお越しください。また、オートキャンプ場は自動車の音がうるさくて車のないキャンプ場を希望される方には最高です。

毎年8月の第1日曜日には須賀公園でイベントを行っています。瀬戸の花嫁で有名なイベントはこの三机です。ぜひおいでください。

 

 by 「ひとりしずか」 でした。


トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/599-e9f39e47
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。