--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
09.15

新しく生まれ変わる八幡浜港

Category: 観光・施設
かつては伊予の大阪とうたわれ、四国の西の玄関口
として役割を果たしてきた八幡浜港が生まれ変わろうとしています。 
新しい交流拠点施設、「道の駅」「みなとオアシス」としての登録を受け、
来年4月にオープン

「賑わい」と「憩い」の空間に生まれ変わります。

 八幡浜港イメージ新八幡浜港イメージ
 
交流拠点施設には、海産物直売所(どーや市場)、
アゴラマルシェ(産直・物販・飲食)、
観光案内・まちづくり活動拠点施設、トイレ棟などが整備されます。
 
(現在の八幡浜港)  

全景 (画面奥:魚市場の建設がすすんでいます) 

緑地公園   緑地公園3

緑地公演の一角には、
平成22年、日本大学の学生と市民、八幡浜市が協同で実現させた
かまぼこ板2万5千枚を使った「かまぼこカーテン」が完成。   

かまぼこ板   かまぼこ板&みかんの丘

平成23年には、地元で採れる「青石」で作られた
「みかんの丘」が八幡浜を象徴する「みかんの段々畑」を表現。

みかんの丘&かまぼこ板    みかんの丘 
 
9月1日からは、八幡浜港と大島を結ぶ連絡船待合所がリニューアルされました。

連絡船    大島連絡船待合所

これから4月のオープンに向けて変わりゆく八幡浜港の様子をお届けしたいと思います。

by JINでした  

  

トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/657-6dac2d79
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2012.09.15 14:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。