--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.05

サイクルトレインにゃんよ号

愛媛県宇和島市と高知県四万十市(江川崎)を走るJR四国 予土線に、自転車を積んで走る自転車専車両がある特別列車「サイクルトレインにゃんよ号」に乗りました。

 風(ふー)君が案内。    宇和島駅前で受付
 予土線01      予土線02
記念に缶バッチかハンドタオルがもらえる。 いざ自転車を車両に。
予土線03 予土線04
自転車専用列車と表示。       自転車御一行様
予土線05    予土線06
連休後半初日いっぱいでした。 9:38発 にゃんよが見送り。
予土線07    予土線08
風君は務田駅で降りる。    道の駅「みま」
予土線09 予土線10
道の駅みまにはレンタサイクルあり。 田植えが終わっている。
予土線11 予土線12
近永。            鬼北町役場付近。ここまで1時間弱。
予土線13 予土線14
松野町虹の森公園 鬼北町から20分。 水族館に寄り道。
予土線15 予土線16
予土線17 予土線18
ちょうどペンギンのエサやり。 アカメは目が光る。(反射)
予土線19 予土線20
ウナギがつかめる。       福島県の金魚
予土線21 予土線22
エイ                有名な水を浴びると立つワニ
予土線23    予土線24
淡水魚の大きな水槽。   ガラス工房館  
  予土線25    予土線26
ガラス製のかぶと         
予土線27 予土線28
予土線29 予土線30
ここでガラス作品製造体験ができる。
予土線31 予土線32
ガラス製のフルーツパフェ。1時間ほど遊んでいざ高知県へGO
予土線33 予土線34
高知県に向かう。        新しいトンネル。
予土線35 予土線36
広見川沿いに下る。      高知県との県境。  
予土線37 予土線38 
江川崎              四万十川との合流点。
予土線40  予土線42
  カヌー  カヌー会館途中の橋から四万十川下流方向。
  予土線43     予土線44
四万十川上流方向。      JR江川崎
予土線45 予土線46
にゃんよのバス。        江川崎駅のホーム 14:23発
予土線47 予土線48
   自転車を車両に乗せる。 宇和島まで列車。景色が最高。
  予土線49     予土線50
15:28宇和島駅到着。     自転車を押して改札を出る。
予土線51 予土線52
詳しくはチラシを。一日1往復。5/12までと7/20~10/27の土日祝日運行。 
   予土線53      予土線54
予土線マップももらえる。
   予土線55      予土線56
予土線57 予土線58
   予土線59      予土線60

この「サイクルトレインにゃんよ号」は5月12日までと7月20日~10月27日の土日祝日に運行される。料金は人間の運賃だけで自転車運搬のお金は不要である。ちなみに宇和島~江川崎を列車で1時間15分乗って大人一人740円、子供はその半額である。今回、行きは務田までで210円。道の駅みまから江川崎までは30Km弱で自転車で2時間15分ほどであった。松野町の松丸駅で降りてのんびり回るか、松丸駅で降りて道の駅四万十とうわまで行くか、江川崎で降りて十和にいくか、コースは親子でのんびりから体力勝負まで自由に自分で選べます。
 にゃんよ号は、係の人が付いて自転車を列車に誘導してくれて乗り降りをサポートしてもらい、缶バッチかハンドタオルをもいらい、簡単なアンケートに答えるとにゃんよのぬいぐるみをもらえる。そして自転車料金はいらない。こんないい体験はどこまりない。
 自転車は、宇和島市観光協会や道の駅みまなどで借りることができるので、家族でサイクリングをしてみませんか。おすすめです。
  今回は川に沿って下る楽なコースを風君に案内してもらいました。ママチャリでも楽に行くことができました。レンタサイクルを利用して手ぶらで気軽にサイクリングを楽しんでみませんか。
 サイクルトレインにゃんよ号の問い合わせ・予約は、089-946-8624 まで
 道の駅みまは 0895-58-1122 レンタサイクルは1日300円。

by 「ひとりしずか」 でした。

トラックバックURL
http://ehimekennanyohokubu.blog.fc2.com/tb.php/845-61cd8c1e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。